サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

2級土木施工管理技師

2級土木施工管理技士とは

土木施工管理技士の専門知識は幅広く活かせる
土木施工管理技士は、建設工事が安全かつ予定通りに進行するよう、
土木現場で働くさまざまな業者を統括するのが主な仕事です。

土木工事には、河川、港湾、道路、鉄道、上下水道工事など私たちの社会生活に欠くことのできない公共施設に関連するものが多くあります。
それだけに、土木施工現場での監理技術者・主任技術者として地位が与えられている土木施工管理技士の活躍の舞台は幅広く、あらゆる土木建設の場で力を発揮することができます。

資格を取っておけば、こんなに有利!

昇進・昇給に直結する
土木関係者は2級土木施工管理技士以上の資格があれば、より責任ある仕事を任されることになり、昇進・昇給に直結します。

独立開業することもできる!
建設業を開業する場合、専任の技術者として土木施工管理技士かそれと同等のものを各営業所に置くことが義務付けられています。資格を身につければ独立への道も開けます。

有資格者が大幅不足の今がチャンス!
新空港開発工事など土木工事の大型化、機械化に伴って、土木施工管理技士の仕事はどんどん増え続けています。しかし、業界ではまだまだ有資格者の人数が不足しています。
今、まさにあなたが2級土木施工管理技士となるチャンスです。

1級土木施工管理技士との違いは?
土木施工管理技士には、1級と2級があり、2級であれば作業工程ごとの責任者である主任技術者になれます。
ただし、元請として3,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は1級の有資格者でなければなりません。
ユーキャンでは、1級土木施工管理技士試験の合格指導講座もご用意しております。2級土木施工管理技士の資格を足がかりに上級資格を目指しましょう。

1級土木施工管理技士講座はコチラ⇒