サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

第二種電気工事士

第二種電気工事士

第二種電気工事士は、日常生活に不可欠な専門技術者です
屋内配線、コンセントの設置、アース施工など電気工事と名のつく作業は、「電気工事士」国家資格を持つ者にしか許されていません。
電気工事の仕事は、わたしたちの日常生活に不可欠です。したがって、電気工事士へのニーズは高く、多くの関連企業の間で必要とされています。

専門技術者が強く求められています
住宅・マンション・企業・店舗の建設・改築・増築などにより、「電気工事士」の仕事は堅調さを維持しています。

電気需要の増大している現状を考えると、有資格者のニーズは今後も安定して高いことが予想されます。

スペシャリストとして、安定した収入が期待できる
この資格を持てば、年をとってもバリバリ活躍できるのはもちろん、安定した収入が得られるのも大きな魅力。

求人広告を見ても、年齢に関係なく、有資格者を優遇するところが多いようです。履歴書に堂々と書け、書類選考や面接も有利!

将来、独立自営の道も…
自ら店を構えてしまえば、定年はありません。

実務経験を積んで独立・自営していく方がたくさんいます。

電気工事士はこんな仕事です
電気工事士は住宅・マンション・企業・店舗などの新築・改築・増築や内装工事をする時に、配線図にしたがって、各種配線工事を行います。
またスイッチなどの器具類、配電盤の取付けなど、屋内配線と呼ばれる工事は必ず電気工事士が行います。