サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

危険物取扱者

危険物取扱者とは

危険物取扱者は、燃焼性の高い物品の専門家です
危険物とは、石油やガソリン・塗料など“燃焼性の高い物品”のこと。これらを大量に「製造・貯蔵・取扱」する場所で必要とされ、管理責任者の役割を担うのが危険物取扱者です。
印刷・燃料・塗料・薬品関係や化学工場、ガソリンスタンドなど多業種の職場で活躍しています。

資格手当や昇給にもつながる!
危険物取扱者の資格があれば職場での信頼がアップしたり、資格手当や昇給・昇格にもつながりやすくなります。

就・転職に有利!
各危険物の性質や貯蔵法の知識、またそれらを取り扱う技術は、ガソリンスタンドはもちろん、塗料関係、燃料関係、生産工場や化学工場などさまざまな職場で必要とされ、就・転職に有利です。
最近はサラリーマンや中高年ばかりでなく、高校生の受験者数も増加しており、工場方面の業界に就職したい学生にとっても強力な武器になるでしょう。