サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

1級土木施工管理技師

1級土木施工管理技士とは

「土木施工管理技士」は、あらゆる土木建築に携わっています
河川、港湾、道路、鉄道、上下水道など、社会生活の様々な場面でわたしたちを支える建造物の建設に欠かせないのが土木施工管理技士。

なかでも1級土木施工管理技士は、建設に関わるあらゆる工程に携わる現場の責任者として、とても重要な役割を果たしています。

土木工事の“現場責任者”として第一線で活躍できます!

名実ともに最高レベルの技術者「監理技術者」になれます
「土木施工管理技士」1級取得者は、現場責任者である「監理技術者」となって、土木工事現場で働く人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行います。

工事の受注にも大きく貢献できます。
土木施工管理技士の資格所持者が勤めている企業には国から技術評価点が付与されます。その点数は2級で「2点」、1級で「5点」になります。

この点数が多いほど会社の格付けも上がり、結果として受注の機会も増えるので、会社に貢献することになるのです。

就職・転職だけではなく、独立開業の道も!
1級土木施工管理技士は、その確かな知識と力量が国から認められた最高レベルの技術者です。
資格取得がそのまま就職・転職の際の大きな武器になるだけではなく、より大きな“やりがい”を求めて独立開業する道も大きく開かれています。

「1級土木施工管理技士」の強み
現場を指揮する「監理技術者」になれる。
土木施工管理技士には、1級と2級があり、2級であれば作業工程ごとの責任者である主任技術者になれます。
ただし、元請として3,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は1級の有資格者でなければなりません。
つまり1級を持っていれば、最高責任者として現場のすべてを取りしきる、重要な役割を任されるというわけです。
また、ユーキャンでは、2級土木施工管理技士講座もご用意しております。「着実に資格を取りたい」という方は、まずは2級資格取得をおすすめします。

2級土木施工管理技士講座はコチラ⇒