サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

調剤薬局事務

調剤薬局とは、医療機関で出される処方箋と引き換えに薬を提供する薬局のこと。調剤薬局事務は、この調剤薬局で「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を担当します。

調剤薬局事務のスキルを身につけ、調剤事務管理士資格を取得するのに受験資格は必要なし! 実務経験、学歴に関係なく、どなたでもチャレンジできます。

国の政策により、ニーズが高まっている!
医療機関で診察を受け、処方箋を受け取って、調剤薬局で薬をもらう、「医薬分業」。様々なメリットがあることから、いっそうの医薬分業が国の政策で推進されています。つまり、調剤薬局事務のニーズもますます高まっているのです。

どこでも、自分の希望に合わせて働きやすい!
■家事や育児と両立しやすい!
職場となる調剤薬局は、医療機関の診療時間の関係で、勤務時間が比較的一定。勤務形態も色々で、家事や育児との両立がしやすいのがうれしい。

■職場は全国に。どこでも仕事を見つけやすい !
調剤薬局は全国にあり、技能も全国共通。引越があっても、再就職しやすいのがこの技能の特長。取っておいて損はありません。