サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

ケアマネージャー

高齢社会を迎える日本にとって、欠くことのできない制度が「介護保険制度」です。

ケアマネジャーは、介護保険制度の中核を担い、介護を必要とする人と、福祉・医療・保健のサービスとを結ぶ「架け橋」となる存在です。

■医療・福祉・保健分野の就職・転職や再就職に有利です
介護が必要とされる方に最適なケアプランを立て、サービスの手配をし、きちんとサービスが実行されているか、あるいはケアの効果が出ているかのチェックまで行なうのがケアマネジャーの仕事です。
ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、取得すれば就職・転職や結婚、出産後の再就職も有利になります。仕事の幅が大きく広がり、キャリアアップにつながります!

■ケアマネジャーはまだまだ人手不足!
現在、ケアを必要としている人は400万人。介護保険制度を利用するためのケアマネジャーはまだまだ不足している状態にあります。
介護分野に参入する企業も多く、有能なケアマネジャーには大きな期待が寄せられています。