サイトリニューアルと同時に「通信教育まるゴト比較N@VI」に生まれ変わりました!

福祉住環境コーディネーター

高齢になって体が不自由になっても、また疾病や障害があっても、住み慣れた家や環境で暮らしたい…。

そんなニーズを受けて、福祉住環境コーディネーターは、住宅利用者と建築家・工務店などとの「架け橋」になります。

■こんなにたくさんの職場で活躍できる!
バリアフリー住宅を扱う工務店やリフォーム会社では、福祉住環境コーディネーターが窓口となって業務を進めるケースも増加しています。
福祉用具メーカーの開発担当者や販売店・レンタル会社の営業マンなど、用具を「作る・提供する」現場でも、利用者の視点と福祉住環境に関する正しい知識が求められているのです。

⇒保険医療分野
・ 介護老人保険施設
・ 病院など

⇒福祉分野
・ 介護老人保険施設
・ ケアハウスなど

⇒その他の分野
・ 行政・公共施設
・ 福祉用具のメーカーなど

⇒建築・住環境分野
・ 建築設計事務所
・ 工務店など

■高齢者、学生の人気が上昇しています
福祉系の資格でありながら、受験制限は一切ありません。
そのため、建築・ハウスメーカーなどへの就職活動に活用する学生や、自宅のリフォームや同世代の高齢者や障害者の相談に乗りボランティア活動に役立てる高齢者が増えています。